【安心安定成長の物流企業_広島県の株式会社ミカワ】確認!!

 

荷崩れを防ぐには…


●貨物の積付け ●貨物の固縛 ●運転方法


の3つが組み合わされて実行されなければ、

効果は上がりません。

 トラック走行中は、いつも震度4以上の地震に襲われることに

なるので積付けをきちんとしただけでは荷崩れを

防止できません。

 また、出発前にしっかりロープ等で固縛しても、

積付けのやり方が悪いと、走行中の振動・衝撃で積荷の

移動・変形により隙間を生じ、ロープにゆるみが出て、

これがさらに荷崩れを誘発することになります。

したがって、積付けも固縛も荷崩れ防止の重要ポイントです。

 次に運転方法も重要な要素です。

走行中に大小の地震に遭遇することは避けられないとしても、

急ブレーキ・急発進・急旋回走行等の回数が多ければ多いほど、

それによって積荷の変形、固縛のゆるみ等も増大され、

荷崩れの発生につながってきます。



しっかりと事故防止のために確認をしましょう!!

本日もご安全に('◇')ゞ