《トラックのキャビンって何?》【安心安定成長の物流企業 広島県の株式会社ミカワ】

 

トラックキャビンとは、トラックの頭の部分で人が乗る運転席・助手席の部分の名称で、キャブとも言います。反対に荷台の事は、ボディと言います。


〈トラックキャビンの種類〉


・ショートキャブ(短距離向き)

 一般的なトラックのキャビンのこと。

 キャビン部分をコンパクトにして、荷台の部分が広くなる分、荷物が積める。

・フルキャブ(長距離・長時間向き)

 運転席と助手席の後ろに、仮眠のためのベッドスペースがあるキャビンのこと。

 ベッドスペースがある分、横から見た時にキャビンが長くなっています。


 メリット-仮眠がとれて身体を休めることができる。

 デメリット-荷台のスペースが狭くなる分荷物の積める量が減る。


・ダブルキャブ 

 キャビンが二列になっていて5人まで乗れるキャビンのこと。

 一般的なキャビンは一列で、2~3人までしか乗れませんが、ダブルキャブは二列の為、乗用車のように5人まで乗ることがきできます。

 シートが二列ある分、荷台の部分が狭く積む量が限られてきます。


・ワイドキャブ

 横幅が広くなっているキャビンのこと。

 車種にもよりますが、およそ左右10㎝ずつ広くなっています。

 メリット-キャビンが広い分、ドライバーが快適に過ごせるし、荷台も広い分荷物も多く積めます。

 デメリット-車幅が広い分、小回りがききません。


・ハイルーフキャブ 

 天井が高くなっているキャビンのこと。

 車種によっては、ハイルーフの部分にベッドスペースがあるものもあります。

 メリット-人が立ち上がれるほどのスペースがあるため快適にすごせます。

 デメリット-天井が高い分、低い橋や歩道橋、トンネルや屋内駐車場は、通過できないことがある。


〈トラックキャビンは寝る場所!?〉


 長距離のドライバーにとっては、長い時間キャビンの中で過ごします。

 食事・休憩・仮眠など、人それぞれ工夫をされています。

 工夫のひとつにベッドスペースがあります。

 長距離・長時間の運転をするドライバーにとっては、トラックキャビンは寝る場所とも言えます。


 そこで❝ちょっと覗いてみました…キャビンのすごし方色々❞


大切なのが、キャビンで使用する「敷ふとん」は、専用のものが色々とあります。 

冬場に役立つのが、蓄熱マット。熱を蓄えておくので、エンジンをきっても暖かく眠ることができます。

 夏は涼しく冬は暖かくしてくれる、温冷水マットなんてのもあります。

 水を入れて使用するものですが、18℃から45℃まで調整できる機能が付いています。自宅でも使える便利なマットですね。

 マットレスなどは最近種類も増えてきて、ポリエステル、低反発、高反発など色々。

 カバーも人それぞれ色々あって、個性豊かでした。

 テーブルを置いて、食事をしたり、書き物をしたりと立派なプライベートルームが、垣間見ることができました。


 中には、カセットコンロでお湯を沸かしてラーメンを食べる人もいましたよ。くれぐれも火傷、火の元には注意して下さいね。

 仮眠の必要がない人のベッドスペースには、クーラーBOXが積んでありました。飲み物などが入っているのでしょう。夏の熱中症対策はバッチリですね。


 皆さん快適に過ごされている様でした。

 どうかこれからも安全運転で、よろしくお願いします。