安心安定成長の物流企業_広島県(株)ミカワ

 

【自動車運転者の労働時間等の改善のための基準】


には、休憩時間についての基準も示されています。

それによると、ドライバーが連続して運転できるのは

最大4時間までであり、

4時間走った場合は、必ず30分以上の休憩時間

設けないとならないとされています。


ただし、4時間の間に1回10分以上の

休憩を分割して取ることも可能です。

本日もご安全に('◇')ゞ