大型と中型トラックでタイヤの違いはある?【安心安定成長の物流企業_広島県の株式会社ミカワ】

 

タイヤといえば大型や中型に関わらずトラックには欠かせないパーツの一つです。タイヤには独特な模様があったり、大きさが様々だったりしますよね。今回はそんなタイヤについての種類やサイズの違いについてご紹介します。


まずはトラック用のタイヤの種類についてみていきましょう。タイヤの種類は主にチューブタイヤとチューブレスタイヤの2パターンがあります。名前の通りチューブが入っているか入ってないかというのが大きな違いになります。最近のタイヤではチューブレスタイヤが主流となります。チューブレスタイヤは内部にインナーライナーというゴムが張られており、空気漏れをそのゴムが防ぐ為チューブが不要となるのです。





大型・中型・小型トラックのタイヤサイズですが、車種によって大きく異なるので、一概にはどれくらいなのか述べることができません。特にタイヤ幅に関してはメーカーや商品によっても様々です。リム径に関しては、若干の違いもありますが多くの企業が大型の場合「22.5インチ」中型の場合は「17.5」インチのようですね。タイヤの大きさを決めるにはトラックの総重量が重要になってきます。少ないタイヤ数でまかなうことができる総重量なのか、タイヤ数を増やして重さを分散させるタイプなのか…様々なのです。総重量に見合ったタイヤを選ばないと大きな事故につながってしまったり、すぐにタイヤの交換が必要になってしまったりというトラブルにつながります。タイヤの役割をきちんと理解し選びましょう。






●重量物の輸送といったらミカワ

ミカワは、重量物輸送のプロフェッショナルです。多種多様の運送車両と豊富な経験を持つドライバーがより早く、より安全に輸送にあたります。プロとして運送を担うことで、多くの企業様の物流パートナーとして社会に貢献したいと思っています。


<ミカワへのお問い合わせ先>

TEL.082-810-3515(代)

https://www.3kawa.com/contact


■スタッフ募集中!(未経験可)■

株式会社ミカワでは事業拡大に伴い、共に働くスタッフを募集しています。

(募集職種)※広島営業所

・大型トラック・トレーラードライバー(重量物輸送)

・一般事務

・運行管理者


ご興味のある方は、ぜひ以下のサイトをご覧くださいませ!

http://mikawa-recruit.com/