【安心安定成長の物流企業 広島県の株式会社ミカワ】

 

おはようございます。

マッチの日

1948年それまで配給制だったマッチの自由販売が認められた日

マッチの炎はやわらかいと言われます。

しかし、マッチ棒の先端のアタマが燃えているときの温度は1000~1500度

あるそうで、その炎が軸木に燃え移ると400度くらいまで下がってしまいます。

下がるといっても、やけどするには十分な熱さですが、この急激な温度低下から炎のやわらかさを感じるのだと言っても、やはり納得される回答にはなりません。

ちなみに、ライターは炎の先端から少し下が800度で、ミニバーナーの炎の先端は1100~1200度にもなります。

くれぐれも火🔥の取り扱いにはご注意を!!