貯蓄の日(神嘗祭)【重機・重量物の輸送・運搬なら広島県のミカワへお任せを】

 

宮中祭祀の一つで、五穀豊穣の感謝祭である「神嘗祭」(かんなめさい)の日にちなんでます。

神嘗祭は、天皇がその年の新米を伊勢神宮に供える祭事。

その神嘗祭の行事の趣旨を引き継ぎ、勤労の実りを大切にし、貯蓄に対する関心を高め、貯蓄の増進を図ることが目的。

神嘗祭では、その年に収穫された新米を誰よりも先に天照大御神に捧げ、今年も無事に収穫の恵みを得られたことを神に感謝します。

神嘗祭は、毎年10月15日~25日にわたって開催されますが、中でも重要なのが、10月17日の午後10時と18日の午前2時の2回行われる由貴大御饌の儀です。

神宮神田で清浄に栽培された新米のご飯とおもち、神酒をはじめ、山の幸や海の幸をお供えします。

秋の実りに感謝し、新米を召し上がるときには、古来から続く伝統行事に思いを馳せてみてはいかがでしょうか…


※写真は…

 北海道苫小牧の方のお仕事の荷積み中…

 広島を出発してフェリーでいざ北海道へ('ω')ノ

 

養生もちゃんとして…

ドライバーが無事に帰社することを待ってます('◇')   

ミカワでは依頼がありましたら…日本全国伺います('◇')ゞ



◎広島の運送会社 株式会社ミカワ

◎中国・四国地方から全国輸送に対応

◎重機・重量物の輸送・運搬はお任せください


重機・重量物・建設機械・塗装機械・コンクリート製品・建設資材