【安心安定成長の物流企業_広島県の株式会社ミカワ】あおり運転6月30日スタート予定!!

 

 6月2日に、あおり運転に対する罰則を強化した、

改正道路交通法が衆議院本会議で可決・成立しました。


 あおり運転を「妨害運転罪」として新たに規定し、

他の車両の通行を妨げる目的の車間距離不保持や急な割り込み、

不必要な急ブレーキなど10類型があおり運転としてみなされ、

取り締まりの対象となります。


【あおり運転の定義となる10類型】


・車間距離不保持

・急ブレーキ

・割り込み運転

・幅寄せや蛇行運転

・不必要なクラクション

・危険な車線変更

・パッシング

・最低速度未満の走行

・違法な駐停車

・対向車線からの接近


 違反による罰則は、3年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられ、

さらに高速道路などで相手車輌を停車させるなど、

著しく危険な行為に対しては酒酔い運転と同じ

5年以下の懲役または100万円以下の罰金という、

より重い処罰の対象となります。

行政処分では、これらに違反すると事故を起こしていなくても

1回で即免許取り消しとなります。


 大型車両を運転している経験者よりも、大型車の運転経験の

無い一般のドライバーから見ると、非常に大きな車両が走行していて、

平常時でも威圧感を感じる他、大型車のドライバーから見れば、

十分車間距離を確保しているつもりでも、接近されて運転されていると感じ、あおり運転を受けている様な誤解を受ける場合がありますので、

車間距離をしっかり確保し、安全運転を心掛けて頂く様、

宜しくお願い致します。


本日もご安全に('◇')ゞ