自然薯の日【重機・重量物の輸送・運搬なら広島県のミカワへお任せを】

 

「6」を「も」の字に見立てて「いい(11)いも(16)」と読む

語呂合わせから。また、自然薯の最盛期であることから。

冬が来るのにそなえて、体に良い自然薯を食べて体力をつけてもらおうとの想いが込められている。

自然薯は、日本原産の野生種で、山芋の王者と呼ばれ古来より親しまれてきました。

春には新芽、秋から冬にかけてムカゴとイモを採取する。

イモは粘りが強く、とろろめしは格別。

栽培されている長芋やイチョウ芋、大和芋などをまとめて

「ヤマイモ」と呼ぶこともあるが、自然薯は「ヤマノイモ」山に自生するジネンジョの事。

栽培されているものは、中世頃に中国から日本に伝来したもので、

「ヤマノイモ」(自然薯)とは違う

※写真は…

本日から新しい仲間が増えました(´▽`*)

一緒に頑張って行きましょう。

◎広島の運送会社 株式会社ミカワ

◎中国・四国地方から全国輸送に対応

◎重機・重量物の輸送・運搬はお任せください


重機・重量物・建設機械・塗装機械・コンクリート製品・建設資材