節分【重機・重量物の輸送・運搬なら広島県のミカワへお任せを】

 

「節分」の日付は近年では2月3日でしたが、2021年は2月2日です。

「節分」が2月2日になるのは124年ぶりです。

冬の節が終わり、春の節に移る。この時期だけでなく、本来は「立夏」「立秋」「立冬」の前日をそれぞれ「節分」という。

太陰暦(太陰太陽暦)では、「立春」を年の初めと定めており、「立春」の前日すなわち「大寒」の最後の日にあたるこの「節分」を特に重視しました。

季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられていたため、それを追い払う意味で「豆まき」が行われます。

一般的には、「福は内、鬼は外」と声を出しながら豆をまき、年齢の数だけ豆を食べて厄除けをします。

《ワタナベさんは節分に豆まきをしなくてもよい》

平安時代中期の話で、丹波国にある大江山に鬼退治に行った人がいる。

その人物は武将の源頼光で、暴れている鬼を退治しに行く時に、四天王を連れて行った。その中に渡辺綱という非常に強い武将がいた。

渡辺綱は鬼の腕を叩き切った。鬼の方も渡辺という奴は、とんでもない奴だ。

渡辺と関わるのは止めようという協定が鬼の中で結ばれた。

鬼は退治された「ワタナベ」を恐れているため、ワタナベさんはわざわざ豆まきで鬼を追い出す必要がない。渡辺の子孫が多く残る宮城県村田町では、節分の時に鬼を逃がさないために「福は内、鬼も内」と掛け声を上げる風習が残っています。

※恵方巻と豆を年の数食べて

  厄除けをしましょう(・ω・)ノ

◎広島の運送会社 株式会社ミカワ

◎中国・四国地方から全国輸送に対応

◎重機・重量物の輸送・運搬はお任せください


重機・重量物・建設機械・塗装機械・コンクリート製品・建設資材