【安心安定成長の物流企業_広島県の株式会社ミカワ】飲酒運転🍺

 

🍺飲酒運転はなぜ危険なのかご存知ですか?


アルコールには麻痺作用があり、脳の働きを麻痺させます。

一般に「酔う」とは血中のアルコール濃度が高くなることにより

大脳皮質(理性や判断をつかさどる部分)の活動をコントロール

している大脳下部の「網容体」が麻痺した状態を言います。


お酒に酔うと、顔が赤くなる、多弁になる、視力が低下するなどの

変化が現れ始め、さらに知覚や運動能力をつかさどる部分が

抑制されることにより、同じ話を繰り返したり、

足元がふらついたりします。


このように、飲酒時には安全運転に必要な情報処理能力、

注意力、判断力などが低下している状態になります。

具体的には「気が大きくなり速度超過などの危険な運転をする」

「車間距離の判断を誤る」「危険の察知が遅れる」など、

飲酒運転は交通事故に結びつく危険性を高めます。


飲酒したら絶対に車両等を運転しないようにしましょう!!


今日も暑いですが、

しっかりと水分を取り

安全運転でいきましょう!!


本日もご安全に('◇')ゞ